Katuragi
 
プライバシー サイトマップ
和歌山県 かつらぎ町
 
わかうまショップ

美味しいしらすは和歌山から!

和歌山県湯浅町は全国有数の「しらす」の水揚げ量を誇る町です。全国的な漁獲量としては和歌山県は11位ですが、しらす干しの消費量に関しては全国1位です。(※2017年度 農林水産省「漁業・養殖業生産統計」及び総務省統計局「家計調査」及び「小売物価統計調査」より)
生産量が多い兵庫県や、しらすで有名な静岡県より多く食べていることになります。

そもそも”しらす”って何?

しらすとは、ウナギやアユ、イワシなどの稚魚の総称のことです。中でも特にカタクチイワシ・マイワシ・ウルメイワシなどの2〜3cm程度のイワシの稚魚を指すのが一般的です。
カタクチイワシは色が白くてあごが付きだしており、見た目が美しいです。秋しらすと呼ばれて脂がのって美味しいのが特徴です。
マイワシは黒っぽかったり黄味がかっているのが特徴で、春しらすと呼ばれています。
ウルメイワシは梅雨の時期に獲れるしらすで、目が大きく身が柔らかい事が特徴です。

しらすの特徴

しらすはそのほとんどが水分で、高たんぱく・低カロリーな事が特徴の食材です。骨も含めて丸ごと魚体を摂取できるので、カルシウムが特に豊富ですが、タウリンやカリウム、鉄や亜鉛などの多くの栄養素も含まれています。

釜揚げ?ちりめん?

しらすは水分量(干す時間)によって異なる名前になっています。釜揚げしらすは茹で上げた状態そのままで、しらす干しは短時間干したもの、ちりめん(またはちりめんじゃこ)は数時間干したものになります。食感が異なるので、調理によって使い分けるのが一般的です。当店では現在のところ、釜揚げしらすとちりめんを取り扱っております。

地域による呼び方・好みの違い

しらすは関東と関西で呼び方が違う場合があります。
また関東では春しらすの方がさっぱりしていて小ぶりで好まれ、関西では秋しらすの脂が乗ってプリプリ太っているものが好まれます。
当店で取り扱っているしらすは年中通して湯浅港に揚がるしらすを用いていますので、季節によって大きさが変わることがあります。

美味しいしらすの食べ方

しらすは淡白なため様々な料理に応用が可能な食材であると言えます。ご飯の上に乗せてしらす丼にしたり、サラダのトッピング、和風パスタの具材やしらすのピザなどにも使えますし、かき揚げやしらすの卵焼きなどの加熱する調理法でも美味しくいただけます。

 

水揚げされるとすぐに釜茹でされるので、とても新鮮なしらすと言えます。また、水揚げ直後のしらすは人間が触るだけで”火傷”をするほど繊細なため、すぐに釜茹ですることで商品の劣化も極力抑えることが出来ます。

商品ラインナップ
特上釜揚げしらす

釜茹でしたしらすをそのまま瞬間冷凍しました。フワフワとした柔らかな食感と濃厚な旨味が凝縮された逸品です。

天日干しちりめん 釜茹でしたしらすを、天日干して3〜4時間じっくりと時間をかけて乾燥させました。硬めの食感で、歯ごたえとにじみ出る旨味が特徴です。大根おろしに混ぜて醤油をチョロっと垂らすと絶品です。

ちりめん山椒

「天日干しちりめん」を地元有田川町清水産のぶどう山椒と、ちりめん山椒に適した地元湯浅の中でも保存料・化学調味料を一切不使用のものを厳選した湯浅醤油を使い、上品な味付けで丹精込めて炊き上げています。

ご注文はこちらから

特上釜揚げしらす(木箱入り500g) 釜揚げしらす・天日干しちりめん・ちりめん山椒のセット

お問合せ

2018-2019©かつらぎ町商工会ネット事業部 わかやま産品オンライン わかうまショップAll Rights Reserved.