Katuragi
 
プライバシー サイトマップ
和歌山県 かつらぎ町
 
わかうまショップ

パティスリークスギン

焼菓子(マドレーヌ、サブレ)

老舗洋菓子店の新しいチャレンジ

パティスリークスギンさんは昔ながらの町の洋菓子店で、2019年3月までは「クスギン洋菓子店」という名前でした。お店ではメインの商品としてケーキを販売していますが、県内の若年層人口の減少による高齢化やチェーン店の台頭により、馴染みのお客さんには好評を得ているのですが、これからのお客さんはどうすればいいのかと考えるようになりました。

パティスリークスギンとして出発

パティスリーとは、ケーキ・パイ・ビスケットなど小麦粉でつくる菓子の総称、それらの製造・販売者という意味で、”これからはケーキだけではなく焼菓子にも力を入れていこう”と、決意新たに2019年4月から「パティスリークスギン」とし、名前を変更しました。

その際にこだわりとして
・極力、地元の食材を使った手造りのこだわり商品を作ろう クスギンロゴ
・保存料などは使わず、添加物も極力避けて、おじいちゃん・おばあちゃんが孫に買ってあげたくなるような安全・安心な商品を作ろう
・人が喜ぶもの、贈る人の気持ちを贈れるように心がけた商品にしよう
という事をコンセプトとして商品の開発を行っています。

すべて店内加工しています

チェーン店のようにセントラルキッチンで作る商品は、機械によるオートメーション製造によるものがほとんどですが、パティスリークスギンさんでは店長でありパティシエの楠木一郎さんが、在庫状況と製造計画を見てその日製造する分を生地から装飾まですべて手作業にて製造しています。

例:みかんドール

生地作り

充填・計量

焼き上げ

仕上げ・完成

小麦粉を入れる

計量

オーブン

仕上げ
しっかりと混ぜる 空気抜きと均し 完成
生地の素となる小麦粉と合わせる材料を入れてよく混ぜます。力のいる作業なので大変です。 仕上がりが同じ大きさになるように、一つ一つ計量しながら型に充填します。この時にしっかりと空気を抜いて均一にしておくことがきれいな商品を作るコツです。 オーブンで焼き上げます。同じ商品だと基本的に同じ時間で焼きあがりますが、生地の状態や周りの温度でも変化するので、様子を見ながら調整をしています。 仕上げに装飾を施して、シロップを塗って完成です!とっても美味しく仕上がりました。

●和歌山スイーツセット
みかんドール 有田みかんの皮を甘露煮にし、生地にしっかりと混ぜ込んで焼き上げたパウンドケーキです。甘いみかんの香りと食べた時の皮の食感が絶妙です。みかんの中身はシロップ漬けにして他の物に使っていますが、そのままでは廃棄される皮を使うことで無駄のない商品を開発しました。
しょうゆマドレーヌ 生地に米粉を使用しており、コーヒーよりお茶が合うマドレーヌです。湯浅町の湯浅醤油汲ウんが製造している「生一本黒豆」という醤油を使ったこだわりの逸品です。先代が湯浅醤油を使ったスイーツの開発に乗り出しましたが、なかなかうまく行かず断念したため、三代目であるパティシエの楠木一郎さんが湯浅醤油汲ウんのアドバイスもあり、販売されている「生一本黒豆」と「くるみ醤油餅」からヒントを得て今のしょうゆマドレーヌに辿り着きました。
レモンマドレーヌ 地元有田で専用に栽培してもらった、酸味が少なくとても香りの立つレモンを使用しています。生地にすりおろしたレモンの皮を入れています。

●リッチサブレアソート
有田みかんサブレ 有田みかんのピールをふんだんに使用したサブレです。ハーブの爽やかさがアクセントになっています。
黒豆しょうゆサブレ 香ばしい炒った黒豆と湯浅の醤油を使ったサブレです。
コーヒーサブレ コーヒーの程よい香りとカシューナッツの食感がサブレに合います。
フロマージュサブレ イタリア産グラナ・パダーノチーズを使用しています。豊かなチーズの味わいがベストマッチです。
メイプルサブレ メイプルシロップのやさしい甘さで飽きがこないサブレです。
紅茶サブレ スリランカ産の紅茶パウダーを使用しています。噛むほどに紅茶の香りが広がります。
     
和歌山スイーツ
リッチサブレ
和歌山スイーツセット リッチサブレアソート
地元の食材にこだわって作った
焼菓子のセットです
フランス菓子の基本である
クスギン自慢のサブレです。
3,240円(税込) 3,240円(税込)
     
お問合せ

2018-©かつらぎ町商工会ネット事業部 わかやま産品オンライン わかうまショップAll Rights Reserved.