Katuragi
 
プライバシー サイトマップ
和歌山県 かつらぎ町
 
わかうまショップ

紀州の職人が焼いた、国産うなぎの蒲焼

手間いらず!!お店の味が簡単に!!
大サイズ カットうな丼 きざみうな丼

湯煎をしてご飯に乗せるだけで、贅沢なうな丼をお楽しみいただけます。お好みで魚焼きグリルやオーブンで炙ると、さらに美味しくお召し上がりいただけます。
タレは醤油発祥の地、”湯浅醤油”を使っており、薬味として和歌山県産の山椒も付いています。香りの高さとピリッとしたほど良い刺激をお楽しみください。

うなぎ

うなぎは静岡・愛知・高知・宮崎・鹿児島の取引先の中から、専門家の目利きで厳選されたうなぎのみを使用しております。管理の上では水を一番重要視しており、きれいな水を保つため常に水槽へ流し込んでいます。

炭火とガスでは風味が大きく異なり、やはり炭火で焼いた方が美味しく仕上がります。一本焼及びカットのものに関しては備長炭を使って一つ一つ手作業で、絶妙な焼き加減で仕上げています。(きざみパックは自社工場の機械でガス焼きをしています)

蒲焼
梱包

冷凍で配送いたしますので、一度に食べきれないときも安心です。好きな時に好きな量だけをお召し上がりください。

厳選された国産うなぎの蒲焼をご賞味ください

白焼き

夏バテせずに暑い夏を乗り越えたいとき、スタミナをつけたいとき、美味しいうなぎを食べてこの夏も乗り越えましょう。うなぎにはビタミンやDHA・EPAなどの栄養がたっぷり!!

※うなぎの豆知識
古くは蒲(ガマ)の穂のように開かずに串に刺して丸焼きにしていましたが、江戸時代になると開いた形に変化していったようです。なのでうなぎの”蒲”焼と呼ばれるそうです。
うなぎは浜松・豊橋辺りを境にして西日本と東日本で調理法が異なる食材です。大きな違いとしては
■西日本
・腹開き→腹側の方が柔らかくて捌きやすいためや、自腹を切ってもてなす、腹を割って打ち解けるという意味があるそうです。
・頭を残すのが一般的で、蒸す工程が無いためうなぎの脂に弾かれないとろみのあるタレを使います。
■東日本
・背開き→武家社会で切腹を嫌ったため、姿形が整っているとの理由があるそうです。
・頭を切って焼くのが一般的で、サラッとしたタレを使うため、うなぎの脂を落とすように蒸しの工程を入れます。
という点があります。
それ以外にも、関東では1人前=1尾が好まれるため、比較的小さいサイズを使います。
関東から離れるごとに好まれるうなぎのサイズが大きくなり、その分身も厚くなるためタレの味は濃くなっていきます(表面しか付かないため)

厳選された国産うなぎを真空パック冷凍しているので、食べたいときに食べたい分だけ簡単に調理出来ます。
商品ラインナップ
大サイズ2尾 見た目にも豪華で食べ応えのある1尾まるごと焼き上げた蒲焼です。フワッとした身とパリッとした皮、濃厚な脂とタレのハーモニーがたまりません。真空パックされているので、湯煎をするだけでも美味しいですが、お好みで魚焼き器やオーブンで軽く炙るとさらに美味しくお召し上がりいただけます。
カットパック3袋・5袋 包丁やまな板を汚すことなく1人前のうな丼を作ることが出来ます。必要な分だけ取り出すことが出来、お手軽に楽しむことが出来ます。
きざみパック3袋・5袋 刻んだ状態で真空パックされております。湯煎やレンジなどで解凍後、ご飯に混ぜ込んだ”ひつまぶし”などに最適です。お吸い物と海苔が付いてきます。

ご注文はこちらから

国産うなぎのかば焼き

お問合せ

2018-2019©かつらぎ町商工会ネット事業部 わかやま産品オンライン わかうまショップAll Rights Reserved.