料亭 美登利

美登利イメージ
  • 美登利イメージ
  • あなごの佃煮イメージ
  • 中庭
  • 料理長
  • あなごの山椒煮
  • あなごの紅梅煮
和歌山の料亭

海南市で唯一残っている昔ながらの料亭、美登利さんです。創業86年の歴史を誇り、接待などでも使われる格式高い老舗料亭です。和歌山県内でも数少ない本格的な料亭で、県庁所在地である和歌山市内からでも接待のために美登利さんに来られる企業さんもいるそうです。昔は一見さんでは行けなく敷居が高かったと言われますが、現在ではランチ営業も行っており、気軽に訪れることが出来ます。

ここで作っています
県内マップ

海南市で最も栄えているこの場所はかつての花街でした。そのため海南市の地場産業である「紀州漆器」が栄えていた頃には多数の料亭がありましたが、現在でも残っているのは美登利さん1軒だけです。お店ではコース料理(ランチ・ディナー、現在はお弁当も販売中)のみですが、その中の一品を販売しています。

美登利さんのこだわり

美登利の店主、千賀知起さんは

中庭
人の感性が出るのが、料理 それが、板前
人のまごころが出るのが、接客 それが、仲居
人をもてなすのが、安らぎの空間 それが、料亭

という信念を持って営業しています。これは料亭では単に食事をするだけではなく、料理には四季を感じてもらい、素材を殺さない味付けの和食料理で五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)で満足できるように接客や場面、器などもすべてを味わってほしいとの思いがあります。贅を尽くした美しい中庭の空間も四季の移ろいを感じながらお食事が出来る席もあり、楽しんでもらえるようになっています。

懐石料理の一品をお届けします
照明

美登利さんの懐石料理の中に「あなごの佃煮を使ったお茶漬け」があります。お客様から「お土産で購入したい」との要望があったため店舗にて販売していましたが、遠方のためなかなか行けないお客様に購入していただけるように、また贈り物で貰ってこの味を味わい、訪れたくなったお客様もいる事からお取り扱いいたします。
大切な方への贈答として、和歌山・海南の料亭の味を全国の皆様にお届けすることで和歌山の事をもっと知ってもらいたい。この味を気に入っていただければお店にもぜひ来て、料亭のすばらしさを五感で味わって欲しい。そんな思いで料亭の手造りの味をお届けします。
商品はあなごの山椒煮を2瓶、あなごの紅梅煮を2瓶、計4瓶をセットにしてお届けします。この商品は、美登利さんの店舗でのお土産、または当わかうまショップでのみの販売となっております。

あなごの佃煮
(山椒煮)
あなごの山椒煮 あなごは日本海産の脂がのったものを用いていますが、調味料は地元産の原材料にこだわり、湯浅醤油と紀美野町産の山椒を用いて、長時間かけてグツグツと炊き込んだ美登利特製のあなごの山椒煮です。ピリっとした山椒の刺激が食欲を増進します。お茶漬けのお供に、また酒の肴として。
あなごの佃煮
(紅梅煮)
あなごの紅梅煮 あなごは日本海産の脂がのったものを用いていますが、調味料は地元産の原材料にこだわり、湯浅醤油とみなべ町産の南高梅を用いて、長時間かけてグツグツと炊き込んだ美登利特製のあなごの山椒煮です。ほんのり梅の香りと酸味がたまりません。お茶漬けのお供に、また酒の肴として。

ご購入はこちらから