Katuragi
 
プライバシー サイトマップ
和歌山県 かつらぎ町
 
わかうまショップ
水産物加工品について
和歌山淡水のうなぎの蒲焼 西山蒲鉾店のなんば焼 紀州高下水産の紀州備長炭干しサバ 中井水産の灰干しさんま特3L
中井水産の灰干しさんま炭火焼 まるとも海産の釜揚げしらす 料亭美登利のあなごの佃煮 濱辰の扇かまぼこ(紅・白・焼)

太平洋に面している和歌山県では、昔から漁業が盛んでした。特に近海でとれる”エソ”や”グチ”といった魚を使った蒲鉾や、四国で行われていたわかめの灰干しを応用した”さんまの灰干し”の技術、近海でとれる鯛やしらすなどを使った美味しい海産物、それらを加工した蒲鉾や近年注目されているアカモクなどを全国の皆様にお届けします。

なんば焼・ごぼう巻 紀州灰干し・備長炭干し しらす・ちりめん

なんば焼は田辺地方で江戸時代末期に考案された”焼き蒲鉾”です。
元々日持ちのしない魚を流通が不便だった時代に運ぶために考案された”くずし”(魚の身をくずして焼き固めたもの)です。
製法は南蛮渡来とも言われ、「なんば焼」という名前になったという由来があります。
ごぼう巻は、そのなんば焼に使う蒲鉾の身を使ってごぼうを繋ぎ、魚の皮で巻いて焼き上げ、タレで漬け焼きしたものです。魚の皮には旨味が凝縮しており、それを余すことなく使った逸品です。

和歌山県は江戸時代からさんまの食文化がありました。また、昔から干物を作ることもありましたが、和歌山の対岸にある四国鳴門では「灰干しわかめ」を作る製法があり、これを魚の干物に応用したのが「灰干しさんま」です。
水分を通すセロファンで魚を包み、不織布で包んだ状態で上下から灰でサンドイッチにすると、魚の余分な水分だけが灰に移り、空気に触れることなく乾燥されます。このように乾燥させると、臭いの少ないしっとりとした柔らかい干物を作ることが出来ます。
また、さんま以外にもこの灰干しは応用でき、灰干しだけでなく細かく砕いた備長炭で行う「紀州備長炭干し」も開発され、より魚の臭みが取れた極上の逸品も作られています。

県中部にある「湯浅町」は、温暖な気候と良質な水に恵まれた自然豊かな場所です。その豊かな自然の恵みにより、しらすの水揚げ量が県下一を誇っています。また、この地域の食堂が提供している「しらす丼」は、”わかやまご当地グルメ30選”にも選ばれています。
漁港では毎日のようにしらすが水揚げされ、それを即工場に持っていき、新鮮な状態で釜揚げされます。
このまま食べるのも良し、天日に干してちりめんにするもよし、醤油と山椒で煮炊き、ちりめん山椒にするもよし。絶品の「ご飯のお供」をお届けします。


アカモク あなごの佃煮 かまぼこ

ホンダワラとも言われる、ヒジキに近い仲間の海藻です。とても生命力が強くて昆布がわかめが育たない環境でも育ちます。茹でて刻むと強い粘りが出て、つるつるとした食感とクセの無い味がとても食べやすい海藻です。丁寧に洗ってから茹で、ミキサーで砕いてパックに充填しています。

本格的な料亭で一つ一つ手づくりされているあなごの佃煮です。料理長が厳選した脂の乗った日本海産のあなごと県内産の醤油・山椒・梅を使い、料亭の味を自宅でも味わうことが出来ます。
料亭に来てリピートしたくなった方や、料亭の味を試してみたいかたにおススメです。

和歌山県の和歌浦地区では昔から蒲鉾屋さんが多かったのですが、近年ではおせち料理などを自宅で作らなくなりつつあることもあり、蒲鉾屋さんの数は減ってきています。
そのため老舗の蒲鉾屋さんでも、普通の蒲鉾だけではなく揚げ蒲鉾なども製造を始めています。

取扱店及び商品はこちら

西山蒲鉾店 紀州高下水産 中井水産 まるとも海産 濱辰
なんば焼・ごぼう巻 紀州備長炭干し 灰干しさんま しらす加工品 蒲鉾
 
和歌山淡水 紀州日高
漁業協同組合
料亭 美登利    
   
うなぎ蒲焼 紀州アカモク あなごの佃煮
(贈答用)
   
お問合せ

2018-©かつらぎ町商工会ネット事業部 わかやま産品オンライン わかうまショップAll Rights Reserved.