フィナンシェの日は1月24日ですよ

フィナンシェとは
黒沢牧場フィナンシェ

フィナンシェはマドレーヌに似た焼菓子ですが、決定的な違いとして「配合」「形」「卵」「バター」「アーモンド」が異なります。フィナンシェはしっとり・もっちりした食感が魅力で、作り立てでは表面はカリっとしているのが特徴です。あとは、形は金塊(薄い長方形)を模していて、卵は卵白のみ使用、バターは「焦がしバター」、「アーモンドの風味が漂う」というのが基本的に異なる点です。この焦がしバターの加減で風味が全く違ったものになります。

フィナンシェの日

フィナンシェの日は、愛知県名古屋市に本社を置き、洋菓子専門店「パティスリーYUWAI(結祝:ゆわい)」を経営する株式会社ギブミーファイブさんが、1月24日を「結祝フィナンシェの日」と制定しました。これは金塊に形や色が似ている事から、ゴールドラッシュの引き金になった1848年1月24日(金の日)にちなんだものになっています。

フィナンシェの特徴

そもそもなぜ金塊を模した薄い長方形をしているのかというと、誕生したのがパリ証券取引所を取り巻く金融街にあるパティスリーだったと言われています。その顧客であるビジネスマンのために”手を汚さず急いで食べることが出来るスイーツ”として考案されたためです。

黒沢牧場のフィナンシェの特徴

黒沢牧場は年中放牧しており、牛にストレスがかからない環境で育てています。そのため牛乳もとても美味しく、その牛乳を使ったフィナンシェは絶品です!牛乳の濃厚さに酔いしれて下さい。

お買い求めはこちらから

フィナンシェ
黒沢牧場
フィナンシェ

216円(内税)