美味しいさんまの開きを食べたことがありますか?一般的に魚の干物は「開いて天日干し(または機械で乾燥)」というのがほとんどです。さんまに限らず、「干物って何か臭みがね…」という人も多いかも知れません。それは「空気をあてて乾燥している」ため、魚の脂が酸化するからです。
そこでおススメなのが「灰干しさんま」。このさんまは全くと言っていいほど臭みがありません。


灰干しさんま
LLサイズ5枚入り


灰干しさんま贈答用
特3Lサイズ10枚入り

まずさんまを一つ一つ開いていきます。人間の体温でさんまが「火傷」をするので、熟練の職人によって、約12秒に1匹というスピードで捌かれていきます。骨に沿って均等に厚みを出すのがポイントで、これがうまく行っていると、食べる時に身から骨がスルっと剥がれます。

次に季節やサイズ、脂の乗り具合によって調整した塩水に漬けます。塩分濃度計でしっかり調整しています。毎回同じ濃度ではないので注意が必要です。味はここで決まるので、塩分控えめで食べる時に足せるように調整しています。

調味されたさんまに匠の技術によってセロファンが貼られていきます。ここでも人の体温で火傷をしてしまわないように素早く丁寧にするのがポイントです。セロファンは水を通しますが灰を通しません。

木箱に並べた後、不織布を乗せてから灰を敷き詰めます。灰で味を付ける訳ではないので「適度な乾燥力のある灰」になるようにブレント・調整をして作っています。

5~6時間かけて風を当てずにじっくりと水分を移しています。さんまに含まれる水分が灰に移ると、さんまの形が灰に浮かび上がります。水分が抜けている証拠です。この乾燥が長すぎても短すぎても良くないので見極めが必要です。

灰から取り出して一つ一つ丁寧に検品をし、欠けや身の崩れがあるものを取り除きます。木箱や化粧箱に決まった数を入れて出荷し、皆様のもとにお届けしています。


灰干しさんま
LLサイズ5枚入り


灰干しさんま贈答用
特3Lサイズ10枚入り

通常品と贈答用の違い

大きさ・重さはすべてコンピュータで管理され、選別された状態で別々の箱に冷凍されています。
LLサイズは長さ28cm~30cm、加工前の重量が130g~150gです。
特3Lサイズは長さ30cm~32cm、加工前重量が140g~160gです。
特3Lは、店主と選ばれた職人だけで開き加工を行い、塩も天然海水塩を使うなど、こだわりぬいた加工をしています。通常の物も十二分に美味しいのですが、大切な方には贈答用をお勧めいたします。喜ばれる事間違いなしの逸品です。七輪などで炭火焼にして食べると最高ですよ。