5月5日はこどもの日

こいのぼり

端午の節句とも言われ、子供たちがみんな元気に育ち、大きくなったことを祝う日です。元々は男の子を祝う日でしたが、1948年からは5月5日を「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という休日に決められてから「こどもの日」と呼ぶようになりました。

端午の節句とは?

端午の節句は奈良時代より続く古い行事で、端午とは元々「月の端(はじめ)の午(うま)の日」という意味なので5月に限ったものではありませんでした。ですが午(ご)と五(ご)の音が同じだったためか、毎月5日を指すようになり、月日が流れて5月5日を指すようになったと言われています。古くは薬草摘みをしたり蘭を入れた湯を浴びたり、菖蒲を浸した酒を飲むなどの行事が行われていたのですが、その中でも「菖蒲」は「尚武(しょうぶ)」と音が通ずるため、平安時代ごろから菖蒲で飾った兜を身につけ、石合戦などの遊びをしていたようです。
鎌倉の武家政治へと移り変わると公家文化であったこれらの行事はだんだんと廃れていったのですが、武士の間では尚武の気風が強く、端午の節句を尚武の節目として盛んに祝うようになりました。
江戸時代になると、徳川幕府では5月5日を重要な式日として定め、大名や旗本が式服で江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じるようになりました。また、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印や幟をたてて祝いました。この風習は武士だけでなく、広く一般庶民に広がり、江戸の中期には武家の幟に対抗して、町民の間ではこいのぼりが飾られるようになりました。

こいのぼりを飾る理由
こいのぼり

我が家に男児が生まれたことを天の神に告げ、「この子をお守りください」と守護を願って目印にしたものがこいのぼりです。これは中国の故事で「鯉が竜門の滝を登ると竜になって天をかける」というものがあり、ここから「登竜門」という「男児の成長と出世を願う」という言葉になり、このことから鯉を飾るようになったそうです。

こどもの日に食べるものと言えば
かしわもち

一般的には「かしわもち」「ちまき」が良く食べられますよね。
これらは縁起の良い食べ物とされています。理由としては、柏の木の葉は新芽が出るまで古い葉が落ちないという特性があり、新芽をこども、古い葉を親と見立てて「家系が絶えない・子孫繁栄」という意味合いがあるからです。
ちまきちまきは古代中国の屈原(くつげん)という詩人が陰謀のため国を追われ、5月5日に川に身を投げて死んでしまった時に弔いとして、たくさんのちまきを投げ入れたことが始まりだと言われています。一説によると、このちまきを投げ入れたのは屈原の死体を魚が食べないようにするためだったと言われています。その際には小舟で川に行き、太鼓を打ってその音で魚を脅し、これが今日のドラゴンレースの始まりと言われています。ちまきを投げ入れる風習はやがて国の安泰を祈願するものになっていったそうで、この風習が日本につながり「端午の節句」で食べられるようになったと言われています。
ちなみに関東では「かしわもち」、関西では「ちまき」を食べる風習があるそうですが、これは関西では柏の木が無いため昔ながらのちまきを食べる文化が続いていたそうですが、私は関西人ですが「かしわもち」を食べていましたね…。何故だろう。