橋本市

丸高稲荷神社
橋本市について
橋本市の位置

橋本市は和歌山県の北東部に位置し、大阪府と奈良県に面した、人口6万人ぐらいの和歌山県内では大き目の都市です。2006年に高野口町と合併し、今の橋本市になっています。
中心になる橋本駅は、電車は和歌山線と南海高野線が交差し、京奈和自動車道が開通した事によって、大阪・奈良・和歌山・高野山に行きやすくなった「交通の要衝」です。
「はたごんぼ」という圧倒的な太さで身が柔らかく香りも強いごぼうが名産です。

鉄道

橋本駅で和歌山線と南海高野線の乗り換えが出来ます。

和歌山線:(かつらぎ町)- 高野口駅 - 紀伊山田駅 - 橋本駅 - 下兵庫駅 - 隅田駅 -(奈良県)

南海高野線:(九度山町)- 学文路[かむろ]駅 - 紀伊清水駅 - 橋本駅 - 御幸辻駅 - 林間田園都市駅 - 紀見峠駅 -(大阪府)
※特急こうやは林間田園都市駅と橋本駅に停車します。天空は橋本駅が始発で、学文路(かむろ)駅にも停車します。
※快速急行は紀見峠以外のすべての駅、急行は全ての駅に停車します

自動車専用道路

京奈和自動車道(橋本道路):(かつらぎ町) - 高野口I.C. - 橋本I.C. - 橋本東I.C. - (奈良県)

主要道路

国道24号線、国道370号線、国道371号線

名産品

へら竿

へら竿
クリックすると詳細ページに移動します

旧橋本市の基幹産業で、和歌山県の伝統工芸品にも指定されています。国内シェアの90%を誇っています。

はたごんぼ

はたごんぼ

橋本の市街地を見下ろす標高552mの国城山の中腹で採れるごぼうです。この土壌は粘り気のある赤土で、江戸時代からの産地でした。この環境で育つごぼうは直径が5~6cmと太くなるのですが、見た目に反して身が柔らかく、味わい深いのが特徴です。生産量は減っていたのですが、2008年頃から産地復活に取り組んでいます。

パイル織物

パイル織物

旧高野口町はパイル織物が基幹産業であり、タオルや織物の生地の生産量が多い事で有名です。

観光

玉川峡

玉川峡

高野山へ向かう国道371号線沿いにあり、アユ釣りやアマゴ釣りが楽しめます。四季折々の美しい景観は、県の名勝に指定されています。