みさと天文台とは

正式名称を「紀美野町星の動物園」という、1995年にオープンした際には日本一の口径を誇る105cmの大型望遠鏡を備えた紀美野町にある天文台です。ここは平成の大合併の前には「美里町」だったため、「みさと天文台」という名前になっています。日本有数の星のきれいな町に選定された旧美里町は、星を観光資源にするために天文台の建設を行いましたが、この時にハード面だけでなくソフト面も強化する方針を採ったため、当時まだ珍しかったインターネットを使った情報発信なども積極的に行っていました。そのため人口4,000人にも満たない小さな町ですが、町全体の情報化の推進に貢献しています。

分からない人にも丁寧に解説

豊かな自然環境と豊かな設備を最大限に生かし、都会では不可能な驚きの体験をすることが出来る施設を目指して運営しています。小さな子供や星の知識が全くない方でも楽しめるように分かりやすくてアットホームな解説・接客をしてくれます。

昼の営業について

星の見えない昼には、施設を自由見学出来ます。また望遠鏡だけではなく、模型や光電子増倍管なども見学できます。土・日・祝はプラネタリウム投影(午後2時30分~)と、3Dシアターによる宇宙の旅(午後3時30分~)があり、どちらも生解説付きですが無料・予約不要です。休館日は月・火です。

夜の営業について

星の見える夜には、実際に望遠鏡をのぞいて季節ごとに変わる美しい天体を研究員の解説付きで楽しむ(観望会)ことが出来ます。料金は大人210円(カフェ付きの場合は500円)、小学生・中学生・高校生は100円、未就学児は無料です。休館日は月~水です。なお観望会は金・土は2回行う場合もあります。

アクセスについて

車でのアクセス

バスの通っていない山の上にありますので、車で来ることをお勧めします。最寄りの駅はJR海南駅で、駅からだと国道370号線を高野山方向に約45分(約25km)です。
高速道路からご利用の場合は、海南東I.C.(大阪方面から)または海南I.C.から40~45分(約24km~26km)です。国道から山に登る道はとても険しいのでご注意ください。