橋杭岩

橋杭岩
自然が作った不思議な景観

潮岬より北東に少し行ったところにある橋杭岩は、幅約15m、長さ約900mに渡って橋脚のように巨岩群が紀伊大島に向かってまっすぐにそそり立っています。ここには「弘法大師が天邪鬼に手伝わせて一夜にして紀伊大島まで橋をかけようとしたのですが、途中で天邪鬼が疲れ果てて鶏の鳴きまねをし、夜が明けたと勘違いした弘法大師が橋の建設を中断し、結果的に橋の杭である岩が残った」という伝説があります。
実際のところは1400万年前にこのあたりでおこった火成活動によってマグマが上昇して冷え固まり、その後に海水の浸食によって今のような形になったというものです。

道の駅橋杭岩

物産棟・情報休憩棟・フードコーナーで構成されており、農産品や水産品、加工品も販売されていて、町内の観光名所や見どころなどの情報を得ることも出来ます。また情報休憩棟の2階には展望デッキもあり、橋杭岩を一望することが出来ます。

アクセス

コミュニティバスでのアクセス

串本駅から道の駅まではコミュニティバスが走っています(1日6往復)。利用料金は1乗車につき大人200円(小学生未満は無料)です。

車でのアクセス
串本駅から約2km(約5分)です。駐車場は45台(うち身体障碍者用が2台分)あります。

営業時間

営業時間は4月~9月までは9時~18時、10月~3月までは9時~17時で、年中無休で営業していますが、新型コロナウイルスの影響で短縮営業をしている場合もございます。
※当面の間、9時~17時の営業になっています。