潮岬

潮岬
潮岬灯台
潮岬灯台

紀伊半島南端の太平洋に突き出たところにある潮岬灯台は、高さ22.5mの灯台で、明治6年の点灯以来海上交通の要所として船を照らし続けています。潮岬灯台は日本では20基も無い「参観灯台(登れる灯台)」として常時公開されており、1階には資料展示室が併設されています(入場料は大人(中学生以上)200円、駐車場は1回300円、営業時間は9時~16時)。
潮岬は元々は島だったのですが、砂や礫などが堆積して砂州がが形成されて陸続きの島になっています。この一帯は吉野熊野国立公園および南紀熊野ジオパークの一角で、東側にある紀伊大島とともにこの地方を代表する観光地になっています。
2018年には日本ロマンチスト協会により「恋する灯台」の認定を受けています。

本州最南端の碑
本州最南端の碑①本州最南端の碑②

本州の最南端はこの潮岬です。周辺は望楼(ぼうろう)の芝という約10万平方メートルの大芝生になっています。これはその昔海軍の望楼(物見櫓:ものみやぐら)があったところで、目の前には太平洋が緩やかな弧を描いて広がっており、地球の丸さを実感することが出来ます。先端には「本州最南端の碑」が建っていますが、実は2つ建っています。ちなみに本土最南端は鹿児島県の佐多岬、日本の最南端は沖ノ鳥島ですよ。
火祭りこの芝生公園の一部はキャンプ場にもなっています。ゴールデンウィークや夏休み期間など以外は無料ですが、キャンプできるエリアは限られています。また、有料期間の場合は利用料金が1人1泊で800円(ごみ袋付き)で利用することが出来ます。
毎年1月最終土曜日には「本州最南端の火祭り」として、この望楼の芝を焼きつくします。これは枯れた芝を焼くことで害虫を駆除し、新芽の育成を促すという目的があります。

潮岬観光タワー
潮岬観光タワー

潮岬灯台から東へ約500mほどのところにある観光タワーです。無料駐車場が完備しており、タワーの展望台からは天気がいい日には水平線が見渡せ、地球が丸い事を体感することが出来ます。
タワーの入場料金は大人300円、小・中学生100円で、入館すると「本州最南端訪問証明書」が貰えます。売店もあり、オーシャンビューのレストランでは近大本マグロを使ったメニューや地元名物なども楽しむことが出来ます。

アクセス

コミュニティバスでのアクセス

串本駅から潮岬灯台までコミュニティバスが走っています(1日10往復)。利用料金は1乗車につき大人200円(小学生未満は無料)です。

車でのアクセス

車であれば串本駅から約6.5km(約10分)です。潮岬灯台は駐車場が有料(1回300円)ですが、観光タワーは駐車場が無料です。