寒い冬にはホットケーキを食べて温まりましょう

ホットケーキの日はいつ?
ホットケーキ

ホットケーキの日を制定したのは、ホットケーキミックス売り上げNo.1のメーカーである「森永製菓」さんです。日本最低気温の日(1902年1月25日)にちなんで、「寒い日にはホットケーキを食べて温まっていたい」との思いから制定されたそうです。ちなみにこの時の最低気温は-41.0℃(旭川市)だったそうです。

ホットケーキとパンケーキの違い
ホットケーキを食べたことのある人はとても多いと思いますが、最近流行りのパンケーキとは何が違うのでしょうか?
実はホットケーキはパンケーキの一種になるそうです。一般的には薄くて甘さ控えめ、デザートだけではなく食事にも使っているのが「パンケーキ」、ふわふわの厚めに焼いた甘くてデザートのものが「ホットケーキ」という風に認識されています。
パンケーキの由来は、ポルトガル語のパン(いわゆるブレッド)ではなく、フライパンなどの平鍋で簡単に焼いて作る製法に由来しているそうです。日本でも1923年に日本橋のデパートで初めてパンケーキが売り出されたのですが、この時に「パン=ブレッド」のイメージが定着していた当時の日本では、間違えられないように「ハットケーキ」と名付けて販売していたそうですよ。この「ハット」は「HOT」のネイティブな発音を文字にしているので、帽子とは全く関係ないそうです。
おなじみになったホットケーキミックス
ホットケーキを作る時は、ホットケーキミックスから作る人が多いと思います。これはホットケーキ用に小麦粉・砂糖・膨張剤などが配合された商品なので、卵と適量の水または牛乳を加えて混ぜるだけで生地が簡単に作る事ができる優れものです。ちなみに作り方にはコツがあるのでご紹介しておきます。
①卵と牛乳は粉を入れる前に先に混ぜる事
まずボウルに卵と牛乳を入れてよく混ぜます。その後にホットケーキミックスを入れ、20回ぐらい大きくさっくりと混ぜます。少しダマが残る程度でO.K.。先に粉を入れてから卵と牛乳を混ぜるとこの時点で混ぜすぎになり、膨らみが悪くなるのです。
②生地は高めの位置から一気に落とす
弱火にして生地を高め(約30cmぐらい)から一気に落とすと、生地がきれいな円状に広がります。低い位置から入れるとムラができやすいでのご注意下さい。
③弱火で焼き、泡が出たらためらわず一気に裏返す
プツプツと小さな泡が出たらひっくり返す合図です。泡が出すぎると空気が抜けてしまい、膨らみが悪くなります。その際には形が崩れないように水平に落としたいので、ためらわずに一気に落としましょう。裏面も焼けたら出来上がりです。
ホットケーキには、メープルシロップや蜂蜜をかけるのが定番です
ホットケーキにかける定番のものと言えば、「バター」と「メイプルシロップ・蜂蜜」ですよね。甘めの生地で作ったホットケーキに少し塩味の効いたバターと、こってり甘めのメイプルシロップや蜂蜜をかけて食べると幸せな時間が訪れます。メイプルシロップをかける人が多いと思いますが、蜂蜜にも栄養素がたっぷり入っているのでホットケーキにかけるのがおススメです。風味の違う蜂蜜を使うとこれまた味も変わって面白いかも知れませんよ。
どちらも天然の素材でミネラルや栄養価が豊富なものとして知られています。大きな違いとしては、メイプルシロップは開封後は常温保存でカビが生える恐れがありますが、蜂蜜は基本的に腐りにくいので長持ちします。ただし、1歳未満のお子様にホットケーキを与える際には蜂蜜は厳禁です。(幼児ボツリヌス症になる恐れがあるため)

お買い求めはこちらから

天照みかんはちみつ
天照
みかんはちみつ

1,144円~1,844円(内税)

百花蜂蜜
村上養蜂
ほんまもん百花蜂蜜

900円~2,700円(内税)

蜜柑蜂蜜
村上養蜂
ほんまもん蜜柑蜂蜜

1,000円~2,900円(内税)

はぜ蜂蜜
村上養蜂
ほんまもんはぜ蜂蜜

1,000円~2,900円(内税)