カリカリ梅と梅干しの違い

そもそも梅干し・カリカリ梅とは?

梅干しとは「完熟した梅を塩で1ヶ月ほど漬け込んで熟成させた後天日干ししたもの」です。これがいわゆる「白ぼし」で、はちみつ梅やしそ梅はこの後に調味液に漬けこむ作業があります。
カリカリ梅は「青梅をカルシウムなどが含まれた調味液に漬け込んだもの」です。梅を漬けると普通は梅が持つペクチンと酸が反応することで柔らかくなるのですが、カルシウムを加える事によってペクチンとカルシウムを結合させて「ペクチン酸カルシウム」にする事で柔らかくなるのを防いだ商品です。カリカリ梅の元祖は、群馬県の赤城フーズという会社です。

作る時期が違う
完熟梅と未熟梅

梅干しに使う梅は、基本的に木から落下するぐらいに完熟した柔らかい梅を使います。ところがカリカリ梅に使う梅は、未熟で硬い青梅を使います。また時間がたつとどんどん熟していき柔らかくなってしまい、カリカリ感が無くなっていくのですぐに加工をする必要があります。

栄養価の違いは?

梅には有機酸(クエン酸など)が豊富に含まれています。またカリウム・マグネシウムなどのミネラルも多いのが特徴です。すっぱいので唾液の分泌が多くなり、食欲増進効果やクエン酸による疲労回復効果も期待できます。
基本的には梅干しもカリカリ梅も含まれる栄養価は同じですが、カリカリ梅には柔らかくなるのを防ぐために添加した影響で「乳酸カルシウム」が含まれるのが特徴的です。

紀州南高梅はカリカリ梅に不向き?

カリカリ梅はお弁当などに入っているように小梅(甲州小梅や竜峡小梅など)を使うことが多いようです。そもそも皮が薄くて果肉が柔らかい紀州南高梅は、梅干には最高ですがカリカリ梅には不向きだと言えます。そのため企業秘密のやり方で柔らかくならないように南高梅をカリカリに仕上げています。一般家庭で作ってもカリカリにするのは難しいようですね。

食べすぎにはご注意を

梅干・カリカリ梅の適量は1日2個程度。塩分が多いので食べすぎには注意しましょう。また元気な時はあまり問題にならないのですが、調子の悪い時に食べすぎると腹痛を起こす原因となりますので注意してください。

お買い求めはこちらから

梅干し

白ぼし
岡本農園
白ぼし

600円(内税)

うす塩味
岡本農園
うす塩味

650円(内税)

極12包
勝僖梅
【極】12包入

3,240円(内税)

カリカリ梅

カリカリ南高梅甘梅
紀州本庄うめよし
カリカリ南高梅甘梅

540円(内税)

カリカリ南高きざみしそ梅
紀州本庄うめよし
カリカリ南高きざみしそ梅

756円(内税)