築野食品工業のこめ油

こめ油とは?

玄米を搗精(とうせい:ついて白米にする)した時に出来る、米糠(こめぬか)から作られた油です。米は日本人の主食であることから、原料をほぼ国産で賄える唯一の植物油と言われています。
ところが昨今の米の消費量は減少の一途をたどっており、製造する会社は原料の確保に苦労しているそうです。

他の植物油との違い

米糠にはほかの植物油原料と異なり、油脂分解酵素である「リパーゼ」が多く含まれています。また多量のワックス成分が含まれているため、他の植物油原料に比べて強力な脱蝋装置が必要で、とても手間がかかるため価格も高くなります。
脱蝋した際に出る脂肪酸やワックス分から石鹸や樹脂、蝋の材料としても使えます。

こめ油の特徴

オレイン酸の比率が高く、抗酸化作用を有する成分を多く含むことが特徴です。また、加熱による酸化が起きにくいため、日本で製造されるポテトチップスはこめ油かこめ油を配合した油で揚げられています。
また揚げ物をしている人が気分を悪くする「油酔い」は、油脂を加熱した際に発生する「アクロレイン」という物質の作用と言われています。こめ油はこの物質の発生が少ないのも特徴です。
国産原料を使っている事から学校給食などで歓迎されていますが、残念ながら他の油に比べて価格が高いため、使用は一部に留まっているそうです。

お買い求めはこちらから

こめ油
築野食品工業
こめ油

270円~650円(内税)

山椒香味油
築野食品工業
山椒香味油

972円(内税)

完熟山椒香味油
築野食品工業
完熟山椒香味油

1,188円(内税)

セット商品はこちらから

こめ油3本ギフト
築野食品工業
こめ油3本ギフト

1,620円(内税)

こめ油6本ギフト
築野食品工業
こめ油6本ギフト

3,240円(内税)

山椒香味油ギフト
築野食品工業
山椒香味油ギフト

3,240円(内税)