JF加太(加太漁業協同組合)

JF加太イメージ
  • JF加太イメージ
  • わかめ
  • ひじき
  • 寒天
JF加太とは?

和歌山県和歌山市の加太地区にあり、水産資源の確保及び漁獲高向上を目的とした事業に取り組む漁業協同組合です。
紀淡海峡、友ヶ島海道という潮流の速いところにあるこの地域は、一年を通して一本釣り漁業を主体に鯛やタコ、メバル、サザエなどが水揚げされています。またこの潮流に揉まれたわかめも有名で、「加太若芽」として京阪神を中心とした大都市の市場にも流通しています。
特に海藻類は100%天然にこだわり、養殖物はありません。

ここで作っています
県内マップ

和歌山市の北西部にある加太地区では、旧日本軍の要塞施設になっていたラピュタの島とも言われている無人島の「友ヶ島」や、人形供養で知られている「淡島神社」などがあります。関西でも指折りの釣り場で、中でも「加太の鯛」はブランドになっています。

天然と養殖の違いは?

養殖で育てると時期や状態による収穫量の減少が抑えられることは間違いありませんが、やはり天然の物に比べると柔らかくなりやすいという欠点もあります。海藻類は天然物のみを取り扱っており、加熱しても煮崩れしにくく歯ごたえが良いという特徴があります。

ここがおススメ!

天然の海藻類は養殖物に比べてミネラルやカルシウムが多く含まれており、また厳冬期に新芽だけを摘み取って天日干ししたわかめ・ひじきはコシがあって柔らかいのが特徴です。

取扱商品

わかめ 紀淡海峡の荒波に揉まれた天然のわかめです。歯ごたえしっかりでおススメです。
ひじき ひじきは栄養価が高く、食物繊維やカルシウムがたっぷり含まれています。油と相性がいいので、炒めたり揚げたりする料理がおススメです。
かんてん 天然のてんぐさから作ったかんてんです。歯切れよくホロっと崩れる滑らかな食感が特徴です。食物繊維もたっぷり含まれています。