毎月15日は「中華の日」です

台湾
中華の日とは?

日本全国で中華料理の普及を目指し、全国の組合員の結束を強めることを目的に、東京中華料理衛生同業組合が制定しました。で、何をする日かというと、普及を目的として全国の中華料理を提供するお店ではお得なクーポンの配布やキャンペーンが組まれているそうです。残念ながらうちの近くでは見たことがありませんが…東京の中華料理店では良くあるんでしょうかね?

なんで15日になったの?

1ヶ月は30日(28日や31日の場合もありますが)なので、その中間は15日。「ちゅうかん」→「ちゅうか」→「中華」というダジャレでなったそうですよ。だったら16日でもいいんじゃね?と思ったのは私だけではないと信じたい。

中華料理のイメージ
実際のところは本場で食べるものは広東料理・四川料理・山東料理・福建料理(台湾)であって、「中華料理」というのは日本人の味覚に合わせてアレンジしたもののようですが、一般的に中華料理と聞いて真っ先に浮かぶメニューは何でしょうか?ぱっと思いつくのは、「麻婆豆腐」「餃子」「エビチリ」「チャーハン」「小籠包」「ラーメン」あたりでしょうか。
麻婆豆腐 餃子 エビチリ 炒飯 小籠包 ラーメン
麻婆豆腐 餃子 エビチリ 炒飯 小籠包 ラーメン

日本で食べる中華料理とは違い、中国料理として中華民国(台湾)の屋台で食べることが出来る「鶏排(ジーパイ)」「胡椒餅(フーシャオピン)」「担仔麺(タンツーミェン)」「排骨(パイグゥ)」、デザートでいうと「愛玉子(オーギョーチ)」「豆花(トウファ)」あたりは美味しいですね~。新型コロナウィルスの脅威が去ったらすぐに行きたいですね。特に胡椒餅は、龍山寺の近くの路地裏の店がいいんですよ…、って話が逸れてしまいました。
広東料理とか四川料理というと、たくさんの調味料とものすごい火力で一気に仕上げるというイメージですが、家庭での中華料理と言えば「中華の素」を使ってサクッと作るイメージですよね。大手のメーカーでは「○○の素」みたいなのがたくさん売っていますし…。

ジーパイ フーシャオピン タンツーミェン パイクゥ オーギョーチ トウファ
鶏排 胡椒餅 担仔麺 排骨 愛玉子 豆花
という訳で、こちらがおススメです

和歌山県にある「花野食品」さんが製造している「中華スープの素」は、和歌山名物の中華そばや麻婆豆腐や炒飯の味付け、鶏のから揚げや酢豚などの下味などにも幅広く使える商品です。元々業務用としてのみ販売していた実績もあり、その味はお墨付きです。今でも業務用に卸しているのですが、一般家庭向けには多すぎるので小分けにしてご家庭にも普及したいという思いで作っています。
という事は、あのラーメン屋や中華料理店のベースはこのスープを使っているのかも…。
それだけ自信のある商品です。ぜひ一度お試しください!濃縮タイプなので水で薄めるだけで使えますし、保存料などは一切入っていませんが、賞味期限は約1年と長く使えますよ。ちなみに中華とは関係ありませんが、同じように料亭に卸している和風だしの素もありますので、よろしければそちらもお願いします。
また、本格的なのに簡単に作れる、製麺所が作るラーメンをお届けします。ご自宅でも和歌山ラーメンを味わっていただけると幸いです。

お買い求めはこちらから

中華スープの素
花野食品
中華スープの素

648円(内税)

和風だしの素
花野食品
和風だしの素

648円(内税)

和敬清寂選べるセット
花野食品
和敬清寂 選べるセット

3,267円(内税)

柏木製麺所和歌山ラーメン2食入
柏木製麺所
和歌山ラーメン2食入

680円(内税)

麺彩工房和歌山ラーメン1食入
麺彩工房ふる里
和歌山ラーメン豚骨醤油味

270円(内税)