なた豆について

なた豆畑
なた豆とは?
なた豆

なた豆とは刀豆(トウズ、タチマメ、ナタマメ)や帯刀(タテハキ)とも呼ばれる、江戸時代に中国(清)から伝わった植物です。その名の通り「なた(鉈・刀)」のような形・大きさをしており、夏に白またはピンクの花を咲かせ、実の莢は30cm~50cmとなり、幅も5cmほどになります。

どうやって食べるの?

成熟豆は以前から漢方薬として知られており、近年では健康食品・健康茶としても一般的に知られています。小ぶり(20cm未満)の若い莢はサヤインゲンのように食べたり福神漬けの材料として用いることが出来ますが、成長したものは一般的にはそのまま食べることはほとんどありません。

生命力があふれるなた豆

なた豆は生命力が非常に強く、勢い良く成長することから、古くからなた豆を栽培している鹿児島県では縁起の良い豆、商売繁盛のお守りとして親しまれてきました。また、地方によっては花が絶え間なく咲く事から「子孫繁栄の縁起物」として扱われることもあり、さらに育つときは一度上にツルが伸び、実る時は上から下に戻って来るという事から、旅立ちや出征の際に無事の帰りを願ってなた豆の種を持たせたという話もあります。

ジャックと豆の木のモデル

なた豆は成長が非常に速い事もあり、ツルの長さは6mにもなります。その様子が童話「ジャックと豆の木」のモデルになったと言われています。ちなみに、なた豆は英語で「ジャック・ビーン」と呼ばれます。

毒があるの?

豆類全般に言えるのですが、なた豆にも毒性(アク)があるものが存在します。適切な加工処理をしないと、「毒と薬は表裏一体」と言うように、人体に悪影響を及ぼす事があります。食用に適しているのは「シロナタマメ」ですが、完熟した豆には毒性があると言われています。当会で取り扱っているなた豆製品は未熟な若さやをを使っており、適切な加工をしているので問題はありません。

お買い求めはこちらから

なた豆茶
日高元気塾
なた豆茶

1,080円(内税)

なた豆茶ティーバッグ
日高元気塾
なた豆茶ティーバッグ

1,188円(内税)

なた豆茶ゴーヤミックス
日高元気塾
なた豆茶ティーバッグゴーヤミックス

1,188円(内税)

なた豆茶粉末
日高元気塾
なた豆茶粉末

1,080円(内税)

なた豆のど飴
日高元気塾
なた豆のど飴

250円(内税)

なた豆茶石鹸
日高元気塾
なた豆茶石鹸

550円(内税)