濱辰

濱辰とは

創業明治37年と、和歌山市で最も歴史のある蒲鉾専門店です。元々は和歌浦で製造をしていましたが、工場移転に伴い現在では街中で営業しています。
創業時から受け継がれている扇かまぼこは、2代目が元々「和歌木山」という四股名の力士であったことにより、呼出が使う扇に見立てて名付けられているそうです。
和歌山市内では濱辰さん以外にも多くの蒲鉾店がありましたが、家庭でおせち料理を作ることが少なくなった事もありその数は徐々に減りつつあります。

手造りにこだわっています

素材を生かした手作りの製法にこだわりを持っており、石臼を使って手づくりで練り上げています。
硬さや味付けは気温や湿度でも変わるため、長年受け継がれてきた職人の技術と経験により調整し、最高級の蒲鉾を製造しています。
魚の持つ旨味を逃すことなく、しなやかでプリプリとした心地よい歯ごたえの伝統の蒲鉾は、贈答品やお歳暮、年始のご挨拶などの贈り物に最適です。

祝い事の定番商品です!

紅白の扇かまぼこは祝い事に持って来いの定番商品!おせち料理など必ずと言っていいほど入っている蒲鉾で、年末になると近隣のスーパーや百貨店の食料品コーナーなどでも販売されています。
また初午(特に2月の初午)にも縁起の良い食べ物として扇かまぼこが食べられているそうです。
そのまま食べるのも良し、うどんやそばの具材としても持って来いです。

ギフト向け商品