敬老の日は9月の第3月曜日です

敬老の日バナー
敬老の日とは?

敬老の日とは、「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」ですね。この由来になるものとしてはいろいろとあるようで、有名なものでは養老の滝の伝説悲田院の建立の2つがあるようです。

養老の滝伝説

むかしむかし、美濃の国(今の岐阜県)に「源丞内」という親孝行の貧しい木こりと、年老いて目が不自由な父親が暮らしていました。日々食べるものにも不自由する暮らしでしたが父親のために一所懸命に働く源丞内は、父親がお酒好きだったことから流れる水を見て「あの水がお酒だったらなあ…」と思い更けていました。
滝ある日いつものように薪を取っていると、岩から足を踏み外して谷底に落ちてしまいました。気を失った源丞内は、しばらくするとのどが渇いて目が覚めました。岩陰から聞こえる水の音を頼りに水源を探していると、近くの岩から香り高い山吹色の水が湧き出しているのを見つけました。一口飲んでみるとそれは水ではなく、たいそう見事なお酒でした。喜んで父親のもとに持ち帰り与えたところ、なんと目が見えるようになりました。湧き出るお酒が不自由な体を治したという話は時の帝、元正天皇の耳に届き、717年の9月にその流れる滝を「養老の滝」と名付け、親孝行の源丞内は美濃の守に任ぜられたというお話です。
つまり、年長者を敬うと良い事になって帰ってくるという話なんですね。これが敬老の日のヒントの1つになったそうです。

悲田院について

悲田院とは、仏教の慈悲の思想に基づいて身寄りのない老人や貧しい人々を救うための施設で、聖徳太子が四天王寺に建立した四箇院(悲田院の他に敬田院・施薬院・療病院)が始まりと言われています。この日が593年9月15日と言われていますが、月日に関しては定かではありません。これも敬老の日の由来の俗説の一つです。

敬老の日が制定されたのは?
老人と孫

これらの伝承をもとに、1947年に兵庫県多可郡野間谷村で9月15日に村主催の「敬老会」が開催されたのが始まりです。ちょうど農閑期にもあたり気候も良いこの時期であり、最初は「としよりの日」として提案されましたが、子供の日、成人の日が「国民の祝日」になる中、としよりの日は制定されませんでした。そこで野間谷村の村長であった門脇政夫さんが兵庫県内の各市町村に呼び掛けて敬老会活動の輪を広げていき、1963年に9月15日に老人福祉法によって「老人の日」となり、1966年に祝日法が改正されて老人の日は「敬老の日」の名前で祝日となりました。
2002年にいわゆる「ハッピーマンデー制度」によって祝日法が改正され、今では「敬老の日」は9月の第3月曜日になっていますが、老人福祉法では9月15日が「老人の日」になっています。

感謝の気持ちを伝えましょう

敬老の日は日ごろ伝えられない感謝の気持ちを形にして贈ることが出来る、年に一度の特別な日です。孫からおじいちゃん・おばあちゃんに感謝のプレゼントを届けてみてはいかがでしょうか?

お年寄りが貰ってうれしいものランキング

ギフト店でアンケートを取った結果が公表されています。その中でおじいちゃんおばあちゃんの両方から根強い人気があるのは「洋服や装飾品」・「和菓子」・「洋菓子」のようですね。残念ながら「洋服や装飾品」は当会では取り扱っていませんので、「和菓子」・「洋菓子」はいかがでしょうか?

洋菓子ならこちら!

和歌山スイーツセット
パティスリークスギン
和歌山スイーツセット

3,240円(内税)

リッチサブレアソート
パティスリークスギン
リッチサブレアソート

3,240円(内税)

ふわりもち
パティスリークスギン
ふわりもち

2,376円~4,752円(内税)

マドレーヌギフト
パティスリークスギン
クスギンマドレーヌギフトセット

2,160円~3,240円(内税)

和菓子ならこちら!

和菓子3種セット
錦花堂
和菓子3種セット

2,367円(内税)

天狗力餅
錦花堂
天狗力餅

2,718円(内税)

羊羹3本
紅葉屋本舗
羊羹3本セット

3,888円(内税)

花坂のやきもち
上きしや
花坂のやきもち

1,350円(内税)