3月3日はひなまつり

ひなまつり
ひなまつりとは
ひな人形女の子の健やかな成長と幸せを祈る日です。元々は旧暦の3月3日(現在の4月ごろ)に行われていましたが、明治以降は今の3月3日に行われるのが一般的になりました。一部地域では今でも旧暦に行う事や、4月3日に行うところもあるそうです。
旧暦の3月3日は桃の花が咲く時期でもあり、「桃の節句」とも言われます。桃の花を飾るのはこのためなんですね。
ひなまつりの起源の一つとして考えられているのは、平安時代に行われていた「流し雛(ながしびな)」です。紙で作った形代に厄を移し、春のひな流しで祓うというのがひな祭りの起源とされています。
江戸時代になると、公家の遊びの中にあった「ひいな遊び」という人形を使った遊びから桃の節句に結び付き、きれいなひな人形を飾って楽しむ習慣が生まれたそうです。またこの日はちらし寿司やハマグリのお吸い物などといった定番料理と、ひなあられや菱餅という伝統的な雛菓子でお祝いします。その中で子供たちが口にすることが出来ない「白酒」などのアルコールがあるのはなぜでしょう?
ひなまつりに「アルコール」がある理由
ひなまつりに食べるもの元々ひなまつりは、厄払いの儀式と女の子の人形遊びが結びついた行事と言われています。この厄払いの儀式として、穢れを洗い流すために「白酒」を飲んだという説があります。
また元々は中国の儀式でもあり、中国では白酒ではなく「桃花酒」という桃の香りがするお酒で厄払いと不老長寿を願っていたと言われています。日本ではこの「桃花酒」が「白酒」に変わったと言われています。
厄祓いのためにアルコール(桃花酒・白酒)が準備されていたのですね。
甘酒が飲まれるようになった理由
「桃花酒」・「白酒」は当然ながら「お酒」のためアルコールが入っています。江戸時代では家で作っていたそうですが、これらを作るには約1ヶ月ほどかかりました。しかしながら甘酒だと一晩で作ることも出来、一般庶民にもなじみのあった飲み物でした。
甘酒は酒粕から作る方法と米麹から作る方法があります。酒を搾った残りである酒粕から作った場合は、わずかですがアルコールが含まれています。初詣などの屋台で販売されているのはこちらが多いでしょう。飲むと体が温まりますし。しかしながら米麹から作る場合はアルコールは一切含まれていません。
そのため米麹から作る甘酒は子供でも飲むことが出来るノンアルコールの飲み物として用意されるようになったと言われています。
というわけで

和歌山でも甘酒を作っている会社があります。特にこだわりとして、和歌山県産のお米を使っています。米麹由来の甘酒なので、お子様にも最適!ひなまつりだけでなく夏場の疲労回復にもいかがですか?

お買い求めはこちらから

初音
紀ノ國フーズ
紀州あまざけ「初音」

410円(内税)