紀州漆器

漆器
紀州漆器とは
漆器の町黒江

和歌山県海南市の北西部にある「黒江地区」を中心とした地域で生産されている漆器です。福島県の会津塗、石川県の山中塗・輪島塗と並んで、日本三大漆器の一つに称されています。漆器に使われる材料は、木や樹脂(プラスチック)です。一般的に木製品は工程に非常に手間がかかるため高価で、機械生産できる樹脂製品は比較的安価に購入出来ます。漆器には、漆と使ったもの(漆塗)とカシュー塗料(合成漆塗)があり、漆はとても貴重(アジア地域でしか採れない)な材料で、カシュー塗料を使ったものの方が金額も安くなります。そのため今日では合成漆塗のものがほとんどになっています。

起源
根来塗

室町時代に紀州木地師によって作られた渋地椀が始まりであると言われています。また現在の岩出市にある根来寺で僧侶たちが寺用の什器を自ら作ったことも起源とされています。根来寺に始まったこれらの塗り物がいわゆる「根来塗」と言われるものです。

根来塗の特徴

黒漆で下塗りをし、その上に朱漆を塗ったものが根来塗の基本です。昔は僧侶が作っていたこともあり、その未熟さゆえに使用中に自然と表面の朱漆が磨滅して下塗りの黒漆がところどころ露出することが多かったのですが、それがかえって趣があると喜ばれました。
豊臣秀吉が紀州攻めをしたときに難を逃れた根来寺の僧侶が、その技術を持って海南市で漆工に従事したことからこの地域で紀州漆器として広まったそうです。

発展した紀州漆器
蒔絵

江戸時代中期になると、紀州藩の保護のもとに盛大に発展した紀州漆器は1800年代中ごろに蒔絵による加飾がされるようになり、その美しさにより外国人が購入するため、長崎や神戸の外商に直売するようになりました。明治時代になると紀州藩の保護が無くなり衰退するかと見えたのですが、沈金彫の技術の導入や蒔絵の改良を行ったこともあり、昭和24年には「重要漆工業団地」として国の指定を受け、昭和53年には「伝統的工芸品」としての指定を受けるなど、和歌山を代表する伝統産業として発展を期していました。

これからの紀州漆器
紀州桧弁当箱

しかしながら消費者のライフスタイルの変化や外国産の安い什器の輸入により、漆器の需要は減少してきています。また、職人の高齢化も深刻化しており、若い技術者の育成が課題とされています。
そのため新しいスタイルの紀州漆器が求められています。角田清兵衛商店さんはその中でも天然木を使った新しいスタイルの什器を製造しています。

漆器の取り扱い方

丈夫で耐久性に優れた漆器ですが、取り扱い方を間違うと傷みも早くなるので注意が必要です。

漆器が嫌うもの

日常のお手入れ方法

アクセスについて

紀州漆器伝統産業会館「うるわし館」までは、JR海南駅から徒歩で約20分(1.5km)、JR黒江駅から徒歩約16分(1.2km)です。タクシーだとワンメーターぐらいで行ける距離ですが、黒江駅は小さな駅のためタクシー乗り場がありませんのでご注意ください。
黒江の街並みは昔ながらの雰囲気を残しているので必見ですよ!のんびりと散策がてらにいかがでしょうか?メイン通りから外れたところは昔の街並みなので、道が非常に狭くて車が通行できないところも多くありますのでご注意ください。また住居を兼ねている街並みなので迷惑にならないようにご注意ください。

お買い求めはこちらから

紀州桧弁当箱ナチュラルカラー
角田清兵衛商店
紀州桧弁当箱
ナチュラルカラー

9,350円~(内税)

紀州桧弁当箱ダークブラウン
角田清兵衛商店
紀州桧弁当箱
ダークブラウン

9,350円~(内税)

おひつBENTO Sサイズ
角田清兵衛商店
おひつBENTO
Sサイズ

4,400円~(内税)

おひつBENTO Lサイズ
角田清兵衛商店
おひつBENTO
Lサイズ

4,950円~(内税)

カトラリーセット
角田清兵衛商店
キッズボウル&ベビーカトラリーセット

4,235円(内税)