Katuragi
 
プライバシー サイトマップ
和歌山県 かつらぎ町
 
わかうまショップ
TOP 県内農産物          

29.県内農産品(果物)

桃・ピオーネ・梨・柿・みかん

フルーツ王国和歌山の果物を集めました

フルーツ 桃のカット ピオーネ
柿 みかん

和歌山県はフルーツ王国と言われるほど多くのフルーツを栽培しています。中でも、桃・柿・みかんは全国でもトップクラスの生産量を誇っています。旬の時期の旬の果物を獲りたてでお届けしますので、天候や栽培の影響で生産量や販売期間等に影響が出る場合もあります。ご容赦ください。商品ページではその時期に販売できるものだけを表示しておりますので、時季外れの物は商品が表示されませんのでご注意ください。

品種

販売期間(予定)

特徴

商品ページ

始まり

終わり

白鳳種

6月中旬

8月下旬

和歌山県の桃は、全国生産量第4位(2017年度)です。桃には「白鳳」と「白桃」と「黄桃」があり、和歌山県ではシーズンの前半では「白鳳種」、後半に「白桃種」が多く、黄桃は少なめです。例えば同じ「白鳳種」でも「桃山白鳳」と「白鳳」ではそれぞれ味や食感、出荷される期間などの特徴が違いますので、ぜひ異なる品種もお試しいただき、自分の好みの品種を発見するのも良いのではないでしょうか。

白桃種

ぶどう

ピオーネ

8月下旬

9月下旬

全国的には生産量が多いわけではありませんが、和歌山県伊都郡かつらぎ町の御所地区ではピオーネの栽培が盛んで、「御所のピオーネ」はシーズンになるとぶどう狩りを目当てにやって来る家族連れで大盛況になるほど有名な産地になっています。
皮は少し硬めなので剥いて食べるのが一般的ですが、皮にはアントシアニンなどの栄養素が豊富に含まれているので、皮ごと食べるのがおススメです。

ピオーネ

幸水

8月中旬

9月上旬

かつらぎ町の東渋田地区には梨の観光農園があります。品種によって獲れる時期が異なり、シーズンを通して順に幸水、豊水、秋月と販売する品種が変わっていきます。

幸水:やや硬めのため歯ごたえが良く、果汁が多くてみずみずしい梨です。甘みがあり酸味はほぼ無く、日持ちはやや良くない。
豊水:やや柔らかく、大きさは中ぐらい。適度な酸味があり濃厚な甘さもある。さっぱりとした後味です。
秋月:柔らかく大玉のものが多い。新高梨のような食感で、酸味が少ないため甘みを感じます。多汁でフルーティーな香りと甘さが特徴です。日持ちは良い方です。

豊水

秋月

新秋柿

9月中旬

10月上旬

糖度が非常に高く(20度以上のものもある)、果汁が多く、食味が良い甘柿です。傷が付きやすい柿ですので、ハウス栽培のものをお届けします。

新秋柿

紀ノ川柿

10月上旬

10月中旬

紀ノ川柿は栽培方法によるもので、品種名ではありません(品種は刀根早生や平核無が多い)。通常、渋柿はそのまま食べることが出来ない(名前のとおり”渋い”)ので、収穫後に「脱渋処理(渋抜き)」を行ってから出荷します。ですが、この「紀ノ川柿」は収穫前に樹に生った状態で脱渋処理を行い、収穫してそのまま出荷します。果肉が黒いごまをふったように黒くになるのが特徴的で、シャキシャキした食感が特徴です。和歌山県の紀北地方だけで生産されています。

紀ノ川柿

富有柿

11月上旬

12月上旬

代表的な甘柿で、和歌山県は全国生産量第4位です。大玉で見栄えも良く、渋抜きの必要が無いため日持ちもしやすい柿です。食感はサクサクしており、栄養価も非常に高いです。

富有柿

みかん

温州

12月中旬

12月下旬

「温州みかん」は和歌山県が全国一の生産量で、その中でも全国的にも有名な「有田みかん」をお届けします。
取扱をしている選果場では、光センサーを使って糖度検査をしていますので、甘さは申し分ないものをお届けしております。
みかんは大きい方が見栄えが良いですが、小粒のもの(Sサイズ)の方が美味しいですよ。
ご購入後は輸送中の重みで下の方が痛んでいる可能性があるため、段ボールをひっくり返して底から食べるほうが長持ちします。

みかん

お問合せ かつらぎ町商工会の住所

2018-2019©かつらぎ町商工会ネット事業部 わかやま産品オンライン わかうまショップAll Rights Reserved.