お祝い事に欠かせないかまぼこ

かまぼこ造り かまぼこイラスト

蒲鉾は、平安時代から高貴な食べ物として祝宴の席で食されてきた事から祝い事に欠かせない食材と考えられるようになりました。また「紅白」のかまぼこは、目出度い配色がハレの日の料理にぴったりだったことも要因の一つと考えられます。

かまぼこの日

平安時代の類聚雑要抄(るいじょうぞうようしょう)という古文書に、1115年(永久3年)の祝宴の膳にかまぼこが出されたという記述があり、その”1115年”を11月15日に置き換えたという事と、昔は11月15日に七五三のお祝い料理として縁起物の紅白のかまぼこで子供の成長を祝うという習慣があったので、この関係から11月15日を「蒲鉾の日」としています。

かまぼこの歴史

実際には1115年より前に、棒の先に魚肉のすり身を付けて焼いた「蒲の穂」に似た「がまのほこ→蒲鉾」が食べられていたそうです。この「がまのほこ」は現在の竹輪のような形をしていました。現在のような板付きのかまぼこは、室町時代に作られるようになったそうです。この板付きのものが「かまぼこ」と呼ばれるようになり、元々の「がまのほこ」は「竹輪」と名付けられてどんどん人々に広まっていきました。

かまぼこは大きく分けて3タイプあります

かまぼこには、板に乗せたタイプの「蒸しかまぼこ」と、蒸さずに焼いた「焼きかまぼこ」、すり身を調味・加工して揚げた「揚げかまぼこ」の3つのタイプがあります。和歌山県では全体的には主に揚げかまぼこが作られましたが、それに加えて紀北地方では「蒸しかまぼこ」が中心に、紀南地方では「焼きかまぼこ」が発展しました。

紀北地方

主に和歌浦に多くありましたが現在では少なくなっています。濱辰さんも元々は和歌浦にありましたが、現在では町中に工場があります。扇かまぼこなどの蒸しかまぼこや、まる天などの揚げかまぼこを作っています。

紀中・紀南地方

今でも漁業が盛んで、紀中では有田市や印南町、紀南地方では田辺市を中心にかまぼこ屋さんが今でも多くあります。特に揚げかまぼこの「ほねく」、焼きかまぼこの「なんば焼」が有名です。

食べ方

揚げかまぼこはそのまま食べたり、おでんの具に使われることが多いです。
蒸しかまぼこは、うどんや炒飯のなどの具によく使われます。もちろん煮炊きしても大丈夫です。
焼きかまぼこは煮炊きに向いていないので、厚めに切ってわさび醤油などでそのまま食べるのが一般的です。

お買い求めはこちらから

◆揚げかまぼこ

まる天
濱辰
まる天

200円(内税)

ごぼう天
濱辰
ごぼう天

200円(内税)

あげかまささがきごぼう小天
濱辰
あげかまささがきごぼう小天

648円(内税)

あげかまたこ小天
濱辰
あげかまたこ小天

648円(内税)

あげかまたまねぎ小天
濱辰
あげかまたまねぎ小天

648円(内税)

竹かごセット
濱辰
味の横綱竹かごセット

1,080円(内税)

えその天ぷら
西山蒲鉾店
えその天ぷら

280円~680円(内税)

◆蒸しかまぼこ:ギフト向け

おすすめセット
濱辰
おすすめセット

3,564円(内税)

扇かまぼこ3本セット
濱辰
扇かまぼこ3本セット

4,752円(内税)

◆焼きかまぼこ

なんば焼
西山蒲鉾店
なんば焼

1,200円(内税)

ごぼう巻
西山蒲鉾店
ごぼう巻

1,100円(内税)

◆焼きかまぼこ:ギフト向け

なんば焼ギフトセット
西山蒲鉾店
なんば焼ギフトセット

2,350円~3,450円(内税)

なんば焼とごぼう巻のギフトセット
西山蒲鉾店
なんば焼とごぼう巻のギフトセット

3,450円~5,700円(内税)