Katuragi
 
プライバシー サイトマップ
和歌山県 かつらぎ町
 
わかうまショップ
TOP 調味料              
調味料について
あみ清数見商店 花野食品 ラーメン  
久保田醤油 鍋物 茶わん蒸し  
紀州湯浅が発祥と言われる、800年以上の歴史のある”湯浅醤油”とその礎になった”金山寺味噌”、業務用でも用いられている簡単お手軽な”だしの素”をご紹介します。

金山寺味噌について

湯浅醤油について

だしの素について

法燈国師が中国にて金山寺味噌の作り方を学び、現在の由良町にある興国寺を開山した際にその隣の湯浅に広まったとされています。
元々湯浅は漁村として栄えており、また熊野古道が街中を通る、交通上の要所だった事と、味噌を作るのに適した水があった事が、由良ではなく湯浅で栄えた理由となっています。

湯浅では前述のとおり金山寺味噌造りが栄えました。
その金山寺味噌から出る余分な水分(たまり)はカビの原因になるため捨てられていました。
しかし調味料として使ってみると意外にも美味しかったため、このたまりを改良して作られたのが湯浅醤油と言われています。

和風だしの素は大正12年に創業した花野食品さんにより、廃棄されていた釜揚げしらすの出汁と湯浅の醤油を使って商品化したのが始まりです。現在では昆布や煮干しから出汁をとるように変わりましたが、創業以来その思いは引き継いでいます。中華スープの素も以前は業務用だけの販売でしたが、和歌山ラーメンが注目を浴びることでお湯(または鶏がらスープ)で割るだけで簡単に作れるため、家庭用に販売されるようになりました。

取扱店及び商品はこちら
久保田醤油 湯浅町にある醸造所です。伝統の湯浅醤油だけではなく、穀物酢や金山寺味噌なども製造しています。
あみ清数見商店 湯浅町にある金山寺味噌の老舗です。養老醤と呼ばれるその金山寺味噌は大ぶりの瓜や茄子などの野菜を含み、食べ応えのあるなめ味噌になっています。また、美味しい金山寺味噌を作るため、当然のことながら美味しい醤油も醸造しています。
花野食品

有田市にあるワインハウスハナノという酒屋さんですが、お酒以外にも食品製造業も営んでいます。特に和風だしの素、中華スープの素は、地域ではよく用いられている調味料です。それ以外にも温州みかん100%のみかん酢なども醸造しています。

お問合せ

2018-2019©かつらぎ町商工会ネット事業部 わかやま産品オンライン わかうまショップAll Rights Reserved.